お花見のあとに

0

     

    自宅から天神への抜け道で
    見つけてたパン屋さん。


    お花見@舞鶴公園のあと
    珈琲が飲みたくなって
    あのパン屋さんにあるんじゃない?
    って寄ってみたら

    2階にお洒落なカフェみっけ!!

    珈琲も
    食べるとスッと溶けるソフトクリームもレベル高いよ♪

    窓際に座ると、
    お堀と桜も見えちゃいます。


    大手門の裁判所の東側、
    ソフトクリームの看板が目印。
     


    んー満開!

    0


      ょっとちょっと〜

      ちょっと待って〜。


      今年はあれよあれよ、
      という間に桜が咲いて
      もう満開!!!

      暖かいもんね。

      ほんとに綺麗。

      日曜日は花びらがはらはらして
      これもまた見頃でしょうね。


      ハンナ

      0

         

        眠いのかな?

        ぶーたれてるのかな?

        いじけてるのかも?


        この置物は、リサラーソンが創った
        子どもシリーズの一つで、
        彼女のお嬢さんと同じ名前の
        「ハンナ」と名付けられています。


        うんうん、
        こんな子どこかで見たことありそうな
        うんうん、
        この子の気持ちがわかるわかる
        そんな気もしてきませんか?


        誰がどの方向から見ても身近。
        その愛らしさに(o^・^o)和むなぁ〜


        鴨川食堂

        0

           

          京都・東本願寺近くの
          看板のない食堂を舞台に、
          主人「鴨川流かもがわながれ」と
          娘「こいし」が毎回、思い出の「味」を探してくれるというお話。


          BSのドラマが面白くて
          原作本を待合室に置きました。


          作家「柏井壽(かしわいひさし)」さんの本名は「柏井圭一郎」という
          なんと歯医者さんです

          ショーケンこと萩原健一が、
          もと刑事の料理人を演じていて
          これまたいい味出してはる、
          あ、出してあります。


          暖かい気持ちになって
          美味しいもんが食べたくなります。


          伊丹十三美術館

          0

             

            一度行ってみたいと思っていた
            伊丹十三美術館。
            松山に行く機会があったので
            行ってきました。

            想像以上に見応えあり。

            皆さんは、映画マルサの女、たんぽぽ、お葬式・・・
            見たことありませんか?
            伊丹十三さんはその監督をされた方です。

            美術館では
            スケッチ (小学生の頃から驚きの精密さ)、エッセイ、料理、
            車(外に愛車も展示)、商業デザイン、俳優、監督など
            13(十三)のテーマ毎に
            監督の世界観がプレゼンされています。
            この美術館を創り維持している
            妻でもある館長宮本信子さんの
            愛情・情熱にもびっくり。


            使い込んだ旅行bagや手紙、
            お酒用の茶碗や洋服筆記具等々を堪能し監督の多才多芸に感心した後は、
            喫茶<たんぽぽ>にて、
            中庭を取り囲む回廊を見ながらまったり。

            興味深いメニューから迷ったすえに
            (本人の名前のついた)十三饅頭と
            暖かい生姜豆乳のセットを
            いただきました。
            ん〜美味。

            福岡から松山には、左1列右2列!これだけ?の
            小さなプロペラ機で移動。
            天井はまるでガラスのようで、
            窓から飛び込んでくる景色は、
            空も地面も驚くほど近い。



            カレンダー

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            30      
            << September 2018 >>

            最近の投稿

            アーカイブ

            リンク

            プロフィール

            書いた記事数:162
            最後に更新した日:2018/09/11

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM